感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

【まとめ】Prime Readingで読めるおすすめの本

スポンサーリンク

f:id:mottobungaku:20200119121423j:plain

 

はじめに

 ここでは、Amazon Prime会員だけど、まだPrime Readingを利用していない方向けにおすすめの本を紹介しています。Prime会員の方はぜひ、利用してみて下さい。ここに記載しているのは2020年1月現時点での情報です。

 

ビジネス書編

1.私の財産告白

 本多静六の自伝的なエッセンスが盛り込まれた一冊です。当時の土地売買から林業などで富を築いた過程が語られています。

2.人を動かす

 デール・カーネギー自己啓発本です。自身の体験から人を動かす根本的な秘訣を説いている一冊です。人との関わりで悩んでいる方におすすめです。

3.“ギモン”から逆引き! 決算書の読み方

 決算書の基本的な読み方が学べる一冊です。図があるので、社会人1年目の方や大学生向けです。スラスラと理解できる入門書です。

語学編

1.[音声DL付]起きてから寝るまで英語表現1000 起きてから寝るまでシリーズ

 起きてから寝るまでシリーズの一冊です。使える形で口語表現を学べるので最高に便利です。ちなみに「オフィス編」はkindle unlimitedで読めます。

2.[音声DL付]究極の英語リーディングVol. 1 究極の英語リーディングシリーズ

  究極の英語リーディングシリーズの初級編。他の2冊はPrime Readingから外れていますが、長文を精読する訓練はこの一冊で十分だと思います。この一冊を読み終えたらBBCCBSの記事を読むのがおすすめです。

 

3.[新形式問題対応/音声DL付]TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問

 TOEIC L&R対策用の問題集です。紙だと持ち運びが面倒くさいので、電子書籍版を重宝しています。使い勝手が良いのでおすすめです。

教養編

1.1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

 1日1ページ、1単元の構成になっている教養本。歴史、文学、芸術、科学、音楽、哲学、宗教の7分野を広く学べます。中高で学んだことの肉付け的なレベルです。毎日読む癖が付くのでおすすめです。

2.文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

 宇宙から情報まで広く物理学が活かされています。それらの原理、応用が広く提示されています。様々な分野の概要が分かりやすくまとめられています。文系でもとタイトルにありますが、理系でも十分に読み応えがある一冊です。

3.自分の頭で考えたい人のための15分間哲学教室

 自分で考える力を養ってくれる一冊です。サクッと読めるので短時間の移動中などの隙間時間に読めてしまえます。

その他

1.東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない

 プロゲーマーのときどさんのエッセイ本です。プロゲーマーになるまでの道のりと学生時代にどのように過ごしてきたのか綴られている一冊です。

2.超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

 「筋トレ」がいかに効果があるのかを科学的根拠を用いながら紹介している一冊。運動が苦手でも好きでも筋トレをしたくなる言い回しが面白いぐらい心に響きます。これを読んでから私も筋トレを始めました。ぜひ、皆さんも筋トレしてより良い生活を!

3.LOVE理論

 恋愛の指南書がPrime Readingで読めてしまいます。面白い理論と理にかなっている?理論があったりとします。この手の本は普段は読まないけど、Prime Readingだから読むかって期待せずに読みましたが、役立つ理論で驚きました。

最後に

 Prime Readingには上記以外にもおすすめの本が多くあります。ここでは紹介していませんが、プログラミング系の本は初心者向けでサクッと読める入門書が多くあります。
これから勉強しようと考えている人にとっては、分厚い専門書を買う前に読んでおくと勉強が捗り、コスパも良いと思います。
 また、ビジネス書、小説、漫画などもPrime Readingで読めるタイトルが多いので一度覗いてみて下さい。
 より良い読書生活を!