感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

客観視しよう~失敗の研究~

スポンサーリンク

 今回は、「失敗の研究」について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は、中尾政之さんです。研究者でもある方で「なぜかミスをしない人の思考法」なども出版されています。

 

東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻教授。1958年生まれ。1983年、東京大学工学系研究科修士課程修了。同年、日立金属株式会社勤務。1989年、HMT Technology Corp.(米国カリフォルニア州)に出向、磁気ディスク生産設備の立ち上げに従事する。1992年、東京大学工学系研究科産業機械工学専攻助教授。2001年より現職。専門は失敗学、生産技術、ナノ・マイクロ加工、加工の知能化、創造設計と脳科学
出典:東大式失敗の研究 / 中尾 政之【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア

 

こんな本です~「失敗の研究」~

 成功の反対は「失敗」と言われる。一般的には、ネガティブに捉えられるのが「失敗」だとされている。しかし、著者の中尾政之さんは、「失敗」をポジティブに捉えている。失敗や違和感からどう創造を生み出すか考えることが人生を豊かにする秘訣なのかもしれない。「失敗の研究」では、人生のメソッドが書かれています。

 

微弱信号と連想ゲーム

 「いつもと違う」「なんか変だな」などの違和感を微弱信号として捉える。微弱信号を知覚することで、これから起こる事象に対して、対策を講じる。そして、自分にとって最適な落とし所(最適解)を見つける。中尾さんは、微弱信号を以下のように定義しています。

 

理系的に言えば、第六感のセンサが、場の変化をとらえて出力した「微弱信号」である。

 

 注意してほしいことは、この微弱信号をとらえて終わりではないことです。事象と事象を繋げることで、連想ゲームのように思考を発展させていく。「微弱信号」はきっかけでしかないということです。言い換えると、連想とセットでこそ活きていくる思考の種ということです。

 

イデアノートからアウトプット

f:id:mottobungaku:20190222230820p:plain

 違和感をとらえて、そこを原点に思考を発展させていく。中尾さんは、「アイデアノート」から簡単に始められるといいます。詳しいテクニックなどは無いが、自説・仮説を綴っていくこと、そして、メモを走らせる。

 

 自説をメモをするとき、全てが論理的なモノである必要はない。むしろ一見、論理が破綻しているようなモノが連想ゲーム、思考の発展に繋がります。大事故や大発見は、想像もつかないところからやってくるので、論理を意識し過ぎると意味がないということです。

 

 小さいな違和感を抽象化、具体化していくことが、思考の発展に繋がる。メモはツールの一つだということです。

 

失敗から学ぶ

f:id:mottobungaku:20190324001330p:plain

 メモをするとき、様々な失敗事例から「違和感」を感じ取り、抽象化・具体化していく。失敗事例から学ぶことは、単なる失敗したという事実だけではなく、様々な連想を重ねることで、大発見や予測に繋げることに意味がある。

 

 自説・仮説を練ることが根幹にあります。失敗や様々な事象からの違和感は、自説・仮説に繋げてこそ意味のあるモノとなります。

 

最後に

 中尾さんのアイデアノート論は、メモの魔力と同じ仕組みですね。メモしたことをきっかけにアイデアを出していく。成功する秘訣はメモと思考の発展にあるのだろうと思います。

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

こちらもおすすめ