感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

【感想】映画「何者」

スポンサーリンク

 今回は、映画『何者』について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は、朝井リョウさんです。「チア男子!!」「桐島、部活やめるってよ」などで有名な方です。

 

朝井 リョウは、日本の小説家。岐阜県垂井町出身。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部卒業。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビューし、2012年には同作が映画化。
出典:朝井リョウ - Wikipedia

 

こんな映画です~「何者」~

 小説「何者」の映画です。就活を舞台にした6人の群像劇です。二宮拓人は、何事にも一歩引いて物事を見ている。鋭い分析が得意で、本音を語ることができない。そんな拓人が、「ここを就活本部にしよう」と言われるところから物語は始まります。

 

タイトル「何者」の意味

 タイトルになっている「何者」とは、ネタバらしすると拓人の裏アカウントの名前が「何者」であることに由来していると思われます。「何者」というのは、何者にもなれない、もがいている意味も含まれているのだろうと思います。

 

 光太郎が内定を貰って、拓人に祝ってもらった帰りのタクシーの中で発する言葉に「何で拓人が内定貰えないのか分からない」というような発言をします。そして、「俺は、就活という行為に対して、得意なだけだった」というような発言があります。結局「何者」かになるには、内定を貰っただけではなれないということです。

 

物語の冒頭が印象深い

 

1分間で自分を表現できる文字数はTwitterのような140字のように、ごく限られたもの。短く簡潔に自分を表現できるかが就活。

 こんな言葉で物語が始まります。すごく印象深く残っている言葉が、「短く簡潔に自分を表現できるかが就活。」です。これは、紛れもない事実なのだろうけど、個人的には、ちょっと違うかなという疑問を持ったので印象深く残っています。

 

拓人と光太郎

 この二人は、対称的に描かれています。光太郎は、拓人と比べるとどこかバカっぽい印象を受けるが、サクッと内定をもらう。それに比べて拓人は、二年目の就活でも内定を貰えていない。邪推でしかないが、拓人は面接で本音を語ることできていないことが想像できる。それに対して、光太郎はバンドではっちゃけたりしていることから面接でも本音を語っている気がする。これが大きな違いだと思う。

 

 拓人と光太郎は、対称的に描かれており、拓人が「何か」に苦戦していることが分かる。拓人とギンジの関係も同じように、拓人は客観的に物事を見れるけど、どこか嘘くさい。ギンジは、夢や熱量を持っている、結果は出ていないけれども、本物のように感じる。

 

瑞月の一言

 

十点でも二十点でもいいから、自分の中から出しなよ。自分の中から出さないと、点数さえつかないんだから。

 この一言は、本質をついている。実際に就活をして、この『何でもいいから、自分をアピールするモノ』を出さないと、大手企業は通らないことを身をもって知りました。瑞月の言葉はきれいですよね。陰りのない力強い言葉です。この一言を受け止められるか、受け止められないかでは、大きいと思います。隆良は、この一言がきっかけで就活に本気になるので、効果抜群ですね(笑)

 

 就活を通して、評価されるように頑張る術を学ぶ。これは、当然ですね。自分が納得いく、いかないという軸だけでは、誰からも評価されません。相手が求めているものと合わなければ、単なる自己中で終わってしまう。これを知っている瑞月が放った上記の一言は、印象深く残っています。

 

蛇足的な感想

 舞台ちっくな演出で物語が進行して、舞台と心情がリンクしています。細かいところを見ると面白く、2、3回は見ています。学生でも社会人でも楽しめると思います。

 

 是非、見て下さい。

こちらも読みました

mottobungaku.hatenadiary.jp

mottobungaku.hatenadiary.jp