感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

意識しよう!~文書力の基本~

スポンサーリンク

 今回は、「簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック 文書力の基本」について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は、阿部紘久さんです。「文書力」をテーマにした書籍を多く出している方です。

 

エッセイスト(元国際ビジネスマン) 帝人で、米国系企業CEOを経て、2005年から昭和女子大学ライティング・サポートセンターで文章指導を行う。社会人も指導している。 主な著書に『文章力の基本』(日本実業出版社)、『文章力の基本100題』(光文社)、『シンプルに書く! 伝わる文章術』(飛鳥新社)などがある。
出典:阿部紘久 - ITmedia 著者別インデックス

 

こんな本です~「文書力の基本」~

 

 文書を作成したとき、言葉がぎこちないこと、主張が明確になっているはずなのにいまいちリズムが悪いこと、初心者が陥ること多くのことがあります。そんなときに、だれも教えてくれない77のテクニックを用いることで簡単にきれいな文書になります。「文書力の基本」は、初心者におすすめのテクニック本です。

 

文書力の向上

 

 文書力を向上させるには、以下のコツ(テクニック)があります。

 

  • 短く書く
  • 自然な正しい表現
  • 伝えることを明確化
  • 分かりやすく書く
  • 簡潔に書く
  • 共感されるように書く
  • 表記とレイアウトに気をつかう

 

 簡単だけど、だれも教えてくれない、細かなテクニックがあります。上記に挙げたテクニックについて、より詳細に紹介されています。ここでは、省略しますが、目からうろこです。77のテクニックは、実践的で即効性があります。

 

 文書力を向上させたい人は、この7つを意識することで文書が格段に魅力的になります。個人的には、短く書く力は一番身に付ける必要があるのかなと感じています。私自身もそうですが、一度に多くの情報を伝えてしまう人が多いです。

 

 しかし、TwitterなどのSNSを日頃から使用している人の中には、洗練された文章を書くのが上手い人が多いのも事実です。これから益々、SNSなどで情報を伝達する機会が増える時代がきます、この短く伝える力が非常に重要だと言えます。どうにかして身に付けたいスキルですね。

 

伝えることを明確化

 短い文章を書ける力が身に付いたとしても、伝えたいことが明確になっていないと、文章がまとまりません。伝えることを明確化してこそ意味のある短い文章になります。安倍さんは、日本人は婉曲表現や曖昧な表現をする傾向にあると言います。

 

 婉曲表現を控えることで伝えたいことがはっきりします。言い切る必要があるとも言えます。曖昧な表現は、主張を濁してしまう恐れがあり、控えるべきだとしています。

 

 プレゼンのスライドや相手を納得させる言葉が求められている文章では、当然ですね。ロジックが求められているのに対して、主張を濁してしまったら聞き手が困ってしまいますから。主張を明確化して、言い切る必要があります。ロジックが求められるときは、婉曲表現・遠回しな主張は、場にそぐわないということです。私も気をつけたい項目の一つです。

 

読み手を意識する

 読み手が何度も読み返す必要がないように、修飾語の位置や読点に気をつける必要があります。読みにくいと、内容が入ってきません。最悪の場合、書き手の意図と読み手の理解が違ってしまうことがあります。

 

 修飾語の位置や読点の位置は、特別なテクニックはいらず、少し意識するだけで読みやすい文章になります。安倍さんは、他にも何でも「ことで」つながない、明確な「つなぎ語」を使う、などを推奨しています。

 

 個人的には、明確な「つなぎ語」を使える力を身に付けたいです。安倍さんが指摘する「曖昧なつなぎ語」を多用しているので、ここはすぐに改善したいです。

 

最後に

 文章を書くためのテクニック本を読む度に、過去の記事を読み返します。めちゃくちゃ恥ずかしい言い回しが多く、直すことが多いです。特に、小説の感想が絶望的に下手です。小説の感想は、時間が取れ次第直していきます(笑)

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

 

こちらもおすすめ