三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

お金について学ぶ~20代のいま、やっておくべきお金のこと~

スポンサーリンク

 今回は、「20代のいま、やっておくべきお金のこと」について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は、中村芳子さんです。経済評論家として有名な方です。

 

中村 芳子は、日本の経済評論家、ファイナンシャル・プランナー。 長崎市生まれ。早稲田大学商学部卒。大手電気メーカーに就職するが、翌年社員5人のFP会社に転職。1991年にアルファアンドアソシエイツを設立、代表。個人向けの家計相談、執筆、講演などを行う。
出典:中村芳子 (経済評論家) - Wikipedia

 

こんな本です~「20代のいま、やっておくべきお金のこと」~

 「お金」について、無理のない生活を軸に20代でやっておくべきことが紹介されています。結婚、住宅ローン、資産運用、各種保険など広く、そして具体的な指針が示されています。将来、お金で困らない無理のない生活を実現させたい方におすすめの本です。

 

お金に対する考え方

 

  • 買い物
  • 投資
  • 貯金
  • 保険
  • ローン

 

 上記の5つの柱に対するセンスを磨く必要があります。買い物は、大きな買い物から日常生活での小さな買い物のこと、投資は、金融商品から自己投資のような広義の投資のこと、貯金は、使うための貯金と殖やすための貯金の二種類ある貯金のこと、保険は、自動車保険や健康保険などのこと、ローンは、ローンでの買い物や仕組みのこと、これらのセンスを磨き、お金に対する考え方を20代で磨いていくことを説いています。

 

お金のセンスを磨く

 著者の中村さんは、冒頭でお金のセンスを磨くことが重要だと言ってます。お金に対する考えを変えることで、将来を意識した使い方、貯金、資産運用が実現できるとしています。詳細は読んでいただきたいので割愛しますが、簡単にいうと、将来を意識した使い方をすることです。10年後、20年後、自分がどのような生活を過ごしたいか、青写真を基に行動することです。

 

 私は、お金のセンスを磨くとはお金の使い方を磨くことだと思います。実現したい理想の生活のために、貯金、ローン、投資、買い物を軸に自分の性格と現状を考慮した適切な選択ができる力を言うのだと思います。適切な選択がきるようになるには、若いうちに、様々なことを経験すると同時に、正しい知識(保険やローンの組み方など)を付けていくことだと感じました。

 

仕事とお金の使い方

 20代は、一芸を磨く時期で、どのような会社に転職してもその一芸が通用するように努力する必要があります。そのための自己投資として、英会話なども必要だとしています。20代の給与は、奨学金を返済している方からすると極めて低いです。ぎりぎりの生活でも、給与の一割程度は、自己投資に回すように示しています。そして、一芸を究める血肉とすることをすすめています。

 

仕事を教えてくれて、その上給料もくれる。会社はとてもありがたい!

 

 こんな言葉が出てきました。確かにそうだなと思います。私の場合は、エンジニアなので、表に出てこないような技術や知識にアクセスする機会があるのは、間違いなく、将来の自分に投資していることになります。外部の勉強会に参加したり、英会話に行ったり、自己投資と仕事を通して、お金の使い方を磨くことになります。

 

最後に

 お金に対する考え方や諸々の詳しい仕組みについては、義務教育などでは教わりません。ネットや本で学ぶしかありません。そんな中、この「20代のいま、やっておくべきお金のこと」はお金に対するリテラシーを高める助けになりました。

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

こちらもおすすめ