三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

MENU

短編集3~さくら荘のペットな彼女10.5~

スポンサーリンク

 今回は、『さくら荘のペットな彼女10.5』について、感想を綴ります。(注意:ネタバレあり)
 さくら荘の短編集の3巻目です。

はじめに

 さくら荘のペットな彼女の短編集の3巻目です。
 栞奈の恋愛模様、空太たちの大学の話、空太とましろのその後の話がまとめられています。個人的におすすめなのは、やはり最後の空太とましろの話です。

 

それぞれの成長

  さくら荘の面々は、それぞれ成長しています。仁や美咲は、あまり出てきませんが、主に栞奈と伊織、リタと龍之介、ましろと空太です。不器用な面々ですが、ちゃんと成長しています。
 栞奈と伊織は、キスをするしないで、揉めていたり、リタと龍之介は、関係が少しディープになっていたり、ましろと空太は、デートの日に仕事が入って中止になったり…。いや、ちゃんと成長していますよ(笑)

 何が正解かは、分からないけど、お互いに意思疎通をしながら、それぞれ選択している様子が描かれています。

 

長谷栞奈の恋模様

 長谷栞奈が空太を好きになり、ましろと空太のデートを尾行している時の心情、伊織との関係が徐々に変化していく時の心情が、描かれています。
 栞奈は、たぶん、さくら荘の面々の中でも一番、不器用だと思います。柔軟性がない、というよりも、人との関わり合いが根本的に好きじゃないって感じがひしひしと伝わってきました。ただ、そんな不器用な栞奈を徐々に変えていってる伊織の存在も描かれています。

 何だかんだで、栞奈と伊織が微笑ましく思えてきます。最後、この2人がしっかりと結ばれて良かったです。

 

お気に入りの場面

 ましろが空太に両親に会ってほしいと言った場面より

「ふたりとも、明日、来るわ」
「は?」
「……急だな」
なんとか声を絞り出す。
「わたしは一ヶ月くらい前から聞いてたわ」

 相変わらずの夫婦漫才。お互い成長しているのに、いつまでも、こういう会話できるのは、ほっこりしました。ましろは、いつも通りが一番ですね(笑)
 空太も何だかんだで、ましろの両親に挨拶する気あったり、この2人の関係は、この先もこうやって続いていくのだろうと想像できますね。

 

最後に

  これで、さくら荘シリーズの完結です。さくら荘の面々は、みんなハッピーエンドって感じです。「夢」や「恋」、「挫折」について、これだけ真っ直ぐに書かれているライトノベルは無いと思います。そして、その時々での十代の揺れる心情も描かれています。気持ちが上がったり下がったりしますが、最高に面白い作品です。このシリーズがもう読めないのは、残念ですが、とても楽しめました。

 


 是非、皆さんも手にお取り下さい。

こちらもおすすめ

神様のメモ帳 (電撃文庫)

神様のメモ帳 (電撃文庫)