三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

新しい面々~さくら荘のペットな彼女7~

スポンサーリンク

 今回は、『さくら荘のペットな彼女7』について、感想を綴ります。(注意:ネタバレあり)
 さくら荘の7巻目です。

 

前回までのあらすじ

 さくら荘取り壊し撤回のため、さくら荘の面々は、署名活動を行います。しかし、努力が実らず、仁と美咲の卒業式当日がきてしまいます。当日、さくら荘の取り壊し理由であるましろがさくら荘を出ていきます。空太は、駅でましろを見つけて、引き留めます。「椎名はいていいんだ」その一言で、ましろは、出ていくことを止めます。卒業式、美咲が答辞を読み、さくら荘の取り壊し撤回を訴えます。体育館には、さくらのバッチが舞い、撤回されることになりました。

 

さくら荘に新たなメンバーが加わる

 音楽一筋の姫宮伊織が、入学早々、女子風呂を覗いた罰でさくら荘に島流しされてきました。そして、既に小説家デビューしている長谷栞奈も加わり、さくら荘は、賑やかになります。
 伊織は、まだキャラ的にインパクトは、そんなに強くないですが、栞奈のキャラが強烈な個性を放ってます。ノーパンキャラってなんだよ!って感じです。ストレスからノーパンになるって、普通じゃない、さくら荘のメンバーに相応しいぐらいの変わり者としか思えません(笑)
 新たなメンバーが加わったことで、物語も恋愛要素にシフトチェンジしてきている気がします。恋愛要素強めになりつつあります。

 

日常の中にある物語

  今回の巻は、あまりイベントがありません。しかし、恋愛要素強めで、ちゃっかり、七海と遊園地デートしてたりします。しかもキスまで…。全く羨ましい限りです(笑)

驚きの中に取り残された空太の視界には、夜景を見て「ほんと、綺麗」と呟く七海の横顔が映っていた。ただ、映っていた。

 この物思いに耽る感じが良いと思います。空太の感情がここまで言及されているのは、七海とましろを真剣に考えるようになったってことでしょうかね。青春くささが無くなりました。

 ただ、その分、恋愛要素が強めです。また、ちょくちょく、専門的な話が出てきたり、読んでていて面白いです。特に、仁が空太に、プロットの作り方を説明しているのは、印象深いです。挫折感がなくなり、ライトノベルらしい感じです。これからどう進展していくは分かりませんが(笑)

 

お気に入りの場面

 龍之介と空太の会話より

「それと、会社の立ち上げに、僕はあと五年も待つ気はないぞ。大学の在学中にでも可能な話だ。遅くても三年後。それくらいの気持ちがなければ、僕と組むなど不可能だな」

 それに対して、空太が

「やばいなそれ……すげぇ面白そう」

 この感じ好きです。空太が夢中になっているのがたまらないです(笑)
 例え、物語だとしても、この夢中になる気持ちは、読んでいて清々しく感じます。

 

 また、伊織がコンクール中、無断で止めて、部屋に引きこもったところも好きです。外に逃走したかと思いきや…

「その必要はないわ」
疑問に思いつつ、ましろの視線の先に目を向ける。
割れた窓越しに、不格好なフォームで走る伊織の後ろ姿がまだ見えていた。
派手に飛び出していったくせに、まだ三十メートルほどしか離れていない。
「足おそっ!」

 ここは、吹きました。めっちゃシリアスな感じだったのに、いきなり場面がコメディーぽくなって驚きです(笑)
 しかし、この後しっかりとシリアスな場面に戻ります。空太が先輩らしく、伊織が抱えている問題に触れます。空太も経験している「挫折」が活きているのか、めちゃくちゃ冷静な言葉を伊織にぶつけます。空太が急に大人ぽくなっててちょっとカッコイイです。

 

蛇足的な感想

 伊織と栞奈が良い感じに物語を彩ってます。空太はましろ、七海と三角関係になり、恋愛要素が強くなってきました。そんな中、伊織と栞奈がいることで、シリアスな展開にも面白さがあります。

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

こちらもおすすめ