三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

どれも最高の物語~短編 少年~

スポンサーリンク

 今回は、集英社文庫の短編集『少年』について、感想を綴ります。

 

はじめに

 『少年』は、豪華な面々による短編集です。伊坂幸太郎朝井リョウなどです。『少年』ということで、下は小学生ぐらいから上は、大学生ぐらいまでの「男」に焦点を当てている物語です。

 

お気に入りのお話

 最初の『逆ソクラテス』は、共感できるところばかりでした。「教師期待論」は誰もが感じてた事なんだなぁと感じました。教師期待効果って言葉は、この本を読むまで知らなかったです。小学生の時に感じた違和感が腑に落ちました。別に教師批判をしたいわけではないですけど、行き場のなかった気持ちを思い出しました。

 

 教師が生徒に対して、○○と印象付けたら、その様に生徒はなるって理論です。恐ろしいことに安斎はこの理論を理解していた。小学生で理解できるってすごいですよね。精神的に大人ですよね。結果的には、安斎はどんな大人になったか明記されていないですが、半グレって暗に示されています。少し残酷ですが、現にありそうですよね。ほんと、恐ろしい理論です。

 

 何も言えなくなりますよね。虚しいですよね。子供は教師や大人が何を期待しているか、本音がどこにあるのか敏感だったりします。幼少期のこういう気持ちっていつまでも残っていたりするものです。些細な事でもです。久留米先生みたいな人が一番嫌ですよね。(苦笑)

 

 伊坂作品と言ったら、サスペンス・群像劇ってイメージでしたが、短編になると違いますね。伊坂作品への印象が変わりました。もっと違った短編も読んでみたいものです。

 

 印象に残っている物語として、もう一つあります。朝井リョウ先生の『ひからない蛍』です。児童養護施設の少年少女たちの物語です。内容は、正直ぴんとこなかったです。自分には無縁の話ってこともあって、内容というよりも、やっぱり朝井リョウ先生の心情描写について感じたことを書きます。

 

 スクールカーストを描写するのが上手いってことです。このブログで毎回言ってる気がしますが、事実なので仕方ないです。長谷川は上位で、施設の面々は下位で…。長谷川などのスクールカーストの上位を嫌な感じで描写するのが上手いです。毎回、上から目線でごめんなさい(笑)

 

 また、太輔の孤独な感じも感情移入してしまいました。境遇が一緒だと思っていた人には、近しい人がいたりと悲しい現実ですね。最後は、前向きな感じで終わりましたが。まぁ、とにかく、夢中で読める物語でした。

 

蛇足的な感想

 この短編集は、シリーズになっています。他にも『復活』、『工場』、『少女』とあります。それぞれのテーマで物語が展開されているので、チェックしてみて下さい。

こちらもおすすめ