三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

MENU

こんな居酒屋に行ってみたいもの~居酒屋ふじ~

スポンサーリンク

 今回は、テレビドラマ『居酒屋ふじ』について、感想を綴ります。

 

居酒屋の醍醐味

 例のごとく、プライムビデオで視聴したドラマです。研究も滞ってお酒と共に夜を過ごす事が多い、今日この頃。そんな時に観ました。気分転換に観たのですが、とても面白かったです。昭和について、少し時代背景の説明があり、勉強にもなります。昭和は昭和で良い時代だったんだなぁって思いました。

 内容は、ありきたりな居酒屋での人情味溢れる物語となってます。時々、名言?ぽい何かが出て、面白くもあり、しんみりもする内容となってます。シリアス1割、コメディー9割って感じです。それにしても、「おやじさん」何ものだよってくらい、武勇伝がすごいです。(笑)
 各話のゲストが豪華で驚きました。篠原涼子岸谷五朗…など、ほんとに多くの豪華ゲストが出てきます。深夜ドラマでここまですごいのは、驚きです。物語の進行は、深夜ドラマってこともあってテンポが良いです。また、下ネタがちらほらと出てきて、腹抱えて笑えます。このドラマは、深夜ドラマで一番好きかもしれません。


 個人的には、こんな居酒屋があったら良いなと感じました。酒飲みとしては、ふらっと飲みに行ける顔なじみの居酒屋があるって羨ましいです。知らない人とワイワイ飲めるのって良いですよね。くだらない話して、盛り上がって、昼間とは違うメンツと交流するのは、ストレス発散になります。端的に言って、よい刺激になりますよね。気分転換になります。最近は、決まったメンツばかりなので、この状況を打破したいものです。もっと色々な人と話したいです。見ていて、そう感じました。

 

行きつけのお店を作り、常連ぶりたい

 行きつけのお店に行くって大人な感じがしますよね。カッコイイですよね~。常連ぶってみたです(笑)
 卒業したら、おそらく首都圏になるので、そっちの方で行きつけのお店を作りたいものです。最初の数ヶ月は、忙しくなりそうですが…。行ってみたい居酒屋があるので、時間を作って行きたいです、ほんと、楽しみです。捕らぬ狸の皮算用ですね(笑)

 
 話は変わり、原作があるみたいですね。まだチェックしていないので、近いうちにチェックしたいと思います。

 

 お酒が好きな人、昭和を知りたい人、ちょっと和みたい人などにおすすめです。是非、チェックしてみてください。

居酒屋ふじ (講談社文庫)

居酒屋ふじ (講談社文庫)

 

こちらもおすすめ