三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

面白い研究ばかり~ヘンな論文~

スポンサーリンク

 今回は、サンキュータツオ先生の『ヘンな論文』について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者はサンキュータツオさんです。芸人でもあり、日本語学者(博士)でもある方です。

 

サンキュータツオは、日本のお笑い芸人、日本語学者。漫才コンビ米粒写経」のツッコミ。ワタナベエンターテインメント所属。一橋大学早稲田大学成城大学非常勤講師。
出典:サンキュータツオ - Wikipedia

 

こんな本です~「ヘンな論文」~

 世に出されている『ヘンな論文』たちが紹介されています。不倫に関する論文、カップルに関する論文…など、とにかくへんな論文が多いです。研究の意図や結果などを分かりやすく解説されています。

 

変わった研究をしている人は多い

 世界を見渡すと、変わった研究をしている人は、多いです。なんたって、 2012年、Physical Review Lettersに『ポニーテールの形状と髪の繊維束の統計物理』という論文が発表されていたりします。因みに、その年のイグノーベル物理学賞を受賞しています(笑)

 

 そんな中、日本人にも変わった研究をしている方々がいます。『公園の斜面に座る「カップルの観察」』をしている方、『世間話』の研究をしている方、『最長しりとり』について研究をしている方など、「こんなことも研究しているんだ」と思いました。

 『ヘンな論文』では、上記の研究を含めた13本の変わった研究を紹介しています。

 

おすすめの論文

 おすすめは、おっぱいの揺れ、不倫男の頭の中についての論文です。(笑)

 是非とも読んでいただきたいので、 詳しい内容には触れませんが、めちゃくちゃ興味深いです。本気で研究していると考えると、ちょっと笑ってしまうぐらい、ユーモアに溢れた紹介をしています。普通の人からするとくだらないと言われてしまう気がしますが、おすすめです。

 

 また、印象に残っている論文では、元高校教諭の塚本浩司先生の論文です。

 高校の先生というと、論文を書くことなんて全くないと思っていましたが、そんな中でもイレギュラーがいるのだと驚きました。

 

 授業も行い、論文も書いてって、普通じゃできないですよね。ほんとに、凄いと思いました。忙しい中、日常生活のちょっとしたことに疑問を持ち、論文にする姿勢を尊敬します。しっかりと形にし、やり切っている事が凄いです。

 このような先生が中高でいたら、おそらく、みんな物理好きになっていたと思います。別に、私が受けてきた教育について文句があるということではないです。(笑)

 

 学び続けることを先生自身が示すって並み大抵の事ではないと思います。(教育と研究を両立するって凡人にはできないことは明らかですからね。)このような方がいる事を知って、『私ももっと頑張ろう!』って思います。

 

学ぶことは偉大なこと

 終始、世の中には、良く分からない事を研究している方が意外といるんだなと感心してました。工学を学んでいる私からすると何のためになるのか?なんてことを考えてしまいがちです。しかし、純粋な好奇心で探究している姿勢は、学問としての本来あるべき姿なのかもしれないと感じました。もちろん、倫理を無視した探求心は論外ですが。

 

 調べたら、『もっとヘンな論文』なるものが出版されており、続編みたいなので、今度読んでみたいと思います。(笑)

 

個人的に好きな論文

 ヘンな論文にあやかって、個人的に好きな論文をあげます。

  1. Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System 
  2. Shape of a Ponytail and the Statistical Physics of Hair Fiber Bundles
  3. An onion enzyme that makes the eyes water

 1番目の論文は、Satoshi Nakamotoという、正体不明の人物による、暗号通貨『ビットコイン』に関する論文です。

 2、3番目の論文は、イグノーベル賞を受賞した、非常にユーモアたっぷりな論文です。

 これらの論文の好きなところは、単純に面白いと感じたからです。特に、ビットコインの論文、正体不明の人物による論文だというところが面白く思います。普通なら、偽名を使わないのに、それでも偽名で論文を公開したところに面白さを感じます。

 

最後に

 世の中には、多くの研究があり、社会に何らかの形で還元されています。その中には、面白く、変わったモノもあります。もっと様々な分野の面白い論文を読んでみたいものです。時間を見つけて、サーベイしようと思います(笑)

 

  是非、皆さんも手に取ってみて下さい。

 こちらもおすすめ