三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

この支配からの~少女は卒業しない~

スポンサーリンク

 今回は、朝井リョウ先生の連作短編集『少女は卒業しない』について、感想を綴ります。

 

 

 久しぶりに、朝井リョウ作品を読んで、やっぱりゆとり世代を上手く描くなと感じました。

 上から目線ですみません。ですが、ほんとに、ザ・ゆとり世代の人物描写が上手いと思います。ゆとり世代最後の教育を受けた者からすると、この作品に出て来る人物たちが、同級生に似た人いたなってなりました。朝井リョウ作品に共通して、毎回感じますが。

 

 

 卒業と同時に、廃校になる高校が舞台で、卒業する少女たちは、どこか子供の側面を持ちつも先(将来)を見据えた漠然とした不安?らしき思いを持っている。きっと、誰でも抱えている問題を上手く表現しているのが朝井リョウなのかなと感じました。

 

 

 地方の高校生の東京への憧れがちらほらと出てきて、やっぱり東京に憧れるものなのかと思いました。私の周りにも東京の会社に絞って就活している人が何人かいますので、東京に憧れる人ってほんとに存在したんだと思いました。

 

 

 東京には、様々な人やモノで溢れていて、自分もその中で何かの一員として生活する。東京って埼玉県民からすると、あくまでも仕事や学校で行くイメージで、そこで生活するイメージがないから、東京への憧れって言うほどないと思います。私は、この東京への憧れが理解し難いです。

 

 

 何よりも東京には優秀な人材があまりにも多くいすぎて、私の場合、ちょっとしたことでも比べてしまい、精神上良くないです。ただ、この比べる行為があったからこそ、今の自分がいるので、東京って良いところでもありますが。上には上がいて、とりあえず、自分の将来を明確になったのは、高校時代に東京へ行っていたからこその恩恵だと思います。

 

 

 まぁ、東京は置いておいて、少女たちのそれぞれの立場、悩みからスクールカーストが分かってしまうのも胸が痛みます。朝井リョウ、ほんとにスクールカーストを客観的にとらえるのが上手い!

 

 

 だから、カースト別のそれぞれの物語がすっと入ってきました。桐島の時もそうだけど、スクールカースト(決まった立場)での生徒たちの生活状況で物語が読める所も朝井リョウ作品ならではの楽しさがあります(笑)

 

 

 また、もう一度読んだら、しっかりと感想を書きたいと思います。

 

少女は卒業しない (集英社文庫)

少女は卒業しない (集英社文庫)