三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

こんな時代が近いのかもしれない~イヴの時間~

スポンサーリンク

 今回は、アニメ『イヴの時間』について、感想を綴ります。(注意:ネタバレあり)

 

はじめに

  『イヴの時間』は、人とロボットが共存する世界を描いたアニメです。

 

2008年8月から順次インターネット上で公開され、「ファースト・シーズン」は各話約15分で全6話。2010年3月6日にファースト・シーズン全6話を編集した完全版が映画として公開された。東京国際アニメフェア2010・第9回東京アニメアワード優秀賞OVA部門受賞作品、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査員推薦作品。
出典:イヴの時間 - Wikipedia

 

あらすじ

  高校生のリクオは、ハウスロイド「サミィ」を所有しています。行動記録の中に、命令した覚えのない行動を発見します。ロボットのGPSを辿って「イヴの時間」という不思議喫茶店に向かいます。そこでは「人間もロボットも区別しない」ことをルールにしていました。彼らは思い思いにそこでの時間を楽しんでいます。リクオは、戸惑いながらも足を運び始めるのでした。

 

近未来の日本

 人間とロボットが密接な関係になりつつある時代、人間はロボットに対して不信感を募らせて、ロボットは主人の気持ち(本心)が分からないでいる。そんな時代、向坂リクオとサミィに焦点を当てた物語。

 

 時代設定がアンドロイドが普及してすぐになっていることもあって、たぶんこうなるだろうなっていう世間の動きが面白いです。アンドロイド規制派がロボットは命令だけ聞いているだけでよいといった主張が読み取れる。ロボットは感情を持って行動をするなって感じの主張。

 まぁ、当然、こういう意見は出るよなって思います。

 

 アンドロイドにも『感情』はあって、主人や人間の感情を読み取ろうと必死。ただ与えられた命令をこなすだけではない。生きたモノなんだというメッセージがすごく伝わってきました。

 

 ロボット三原則もどこかで聞いた事あるな~と思ったら、アイザック・アシモフ著の「I,ROBOT」に出てくる三原則そのものだったことに後から気づきました(笑)

 

 一応こんな感じです。

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害が加わるのを見逃してはならない。

第二条 ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければいけない。

 

 出典 アイザック・アシモフ著 「I,ROBOT

 

 よく作られていますね。

 

 「ロボットは人間に~」から「人間はロボットに~」

 という原則(法律)が今後できることでしょう。少なからず、そんな時代が生きているうちには来るだろうな~。てか来てください。(笑)

 

 ロボットは専門外でかじってもいないので、ちょっと勉強しようかなと思います。

 

最近の面白い話題

 ロボットについて、「CBS NEWS」にて日本の人工とロボットの役割について面白いものを見つけました。

 

www.cbsnews.com

 動画があるので内容が理解できると思います。

 非常に将来性のある技術が集約されており、まだまだ発展する可能性があり、面白い分野であることは間違いないです。近い将来、アドロイドと人の時代が到来するのだろうと感じますね。

 

蛇足的な感想

  近い未来、来てほしい、ロボットと人間の関係。人間とロボットの垣根を超えた関係が築けるのか気になります。

 

 是非、視聴してみて下さい。

 

こちらもおすすめ