三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

バカとブスは~ドラゴン桜~

スポンサーリンク

 今回は、マンガ『ドラゴン桜』について、感想を綴ります。 

 

はじめに

  原作者は、三田紀房さんです。「インベスターZ」などで有名な方です。最近、『ドラゴン桜2』が連載されました。

 

三田 紀房は、日本の漫画家。岩手県北上市出身。血液型B型。
出典:三田紀房 - Wikipedia

 

あらすじ

  元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二は、経営破綻状態となった落ちこぼれ高校、龍山高等学校の運営問題を請け負うことになる。経営状態を良くするために5年後に東大合格者100人を出す計画を考案する。個性溢れる教師を集めながら、開設した特別進学クラスに人生を諦めかけていた水野直美と矢島勇介を迎え入れ、彼らに様々な受験テクニックや勉強法を教えていく。

 

グサグサ刺さる名言

 

 バカとブスこそ、東大行け!

 

 なんと強烈な言葉だろうかでも、何でだろう嫌な気はしないですよね(笑)

 

 多分、ドラゴン桜の面白いところは、嫌味が嫌味に聞こえない言葉にあるのだろうと思います。そこらの普通の人が言ったら反感やコイツ何言ってんだ状態になって終わることでしょうが。うろ覚えですが、自分の好きなもの以外のところに本質というか大事なことが眠っている的なことを言っていたことが一番印象にあります。ちゃんと覚えていないけれども…

 

 まぁ、受験(大学受験)てほんとに大事なことだからこそ、桜木先生の言葉には重みがあるのだろうと思います。ほとんどの人が最終学歴として大学名を履歴書で一番最初に見られる。これが現実。

 学歴社会じゃない、実力主義だなんてこと聞くけれども、それはきっと転職する時や昇進の時だけのことだろう。

 

 一番最初の第一印象でこの人はどんな教育を受けたのか物差しで測られる。

 取り敢えず言いたいことは、周りに勉強しろよと言ってくる人がいるって恵まれていると思います。しかも勉強しやすい環境を与えてくれて。それってすごいことです。最初は、煩わしいと感じるだろうけれども、後から振り返ると、感謝の言葉しか出てこない。

 

学生あるある

 ドラゴン桜を読むと、やる気が出てくるのは、学生あるあるでしょう。モチベーション維持のためには、良い教材だと思います。受験や資格試験などで、成績が良くないときは、モチベーション維持のために読むと効果抜群。

 

ドラゴン桜の面白いところ

  ドラゴン桜の面白いところは、徹底的に練られた戦略を立てる必要性を学べることだと思います。漫画では、図が豊富なので、理解しやすいです。自分でアレンジして、真似できます。リアルさがあるところが、ドラゴン桜の面白いところです。

 

蛇足的な感想

  このドラゴン桜では、勉強、特にゴールのある勉強方法について、細かい戦略が出てきます。点数を取るための勉強方法は、受験・資格試験などで重要なので、読んでいて面白かったです。

 

  是非、皆さんも手にお取り下さい。

こちらもおすすめ