三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

バカとブスは~ドラゴン桜~

スポンサーリンク

 今回は、マンガ『ドラゴン桜』について、感想を綴ります。 

 

 バカとブスこそ、東大行け!

 

 

 なんと強烈な言葉だろうか

 でも、何でだろう嫌な気はしないですよね(笑)

 

 

 多分、ドラゴン桜の面白いところは、嫌味が嫌味に聞こえない言葉にあるのだろうと思います。そこらの普通の人が言ったら反感やコイツ何言ってんだ状態になって終わることでしょうが。

 うろ覚えですが、自分の好きなもの以外のところに本質というか大事なことが眠っている的なことを言っていたことが一番印象にあります。ちゃんと覚えていないけれども…

 

 

 まぁ、受験(大学受験)てほんとに大事なことだからこそ、桜木先生の言葉には重みがあるのだろうと思います。ほとんどの人が最終学歴として大学名を履歴書で一番最初に見られる。これが現実。

 学歴社会じゃない、実力主義だなんてこと聞くけれども、それはきっと転職する時や昇進の時だけのことだろう。

 一番最初の第一印象でこの人はどんな教育を受けたのか物差しで測られる。

 取り敢えず言いたいことは、周りに勉強しろよと言ってくる人がいるって恵まれていると思います。しかも勉強しやすい環境を与えてくれて。それってすごいことです。

 最初は、煩わしいと感じるだろうけれども、後から振り返ると、感謝の言葉しか出てこない。

 

 

 私の場合、あの時もっと勉強しておけばと後悔するのは、小学生の時のことです。

 英会話や塾にいっていたからこそ、ほんとにもっと勉強して私立中や上位付属高校等を目指していたらと思います。サッカーや目先の欲望(遊びたい)とかに負けてしまった自分が情けない…

  まぁ、タラレバ話はしても意味がないですね。(笑)

 

 

 取り敢えず、ドラゴン桜を読んで、もっと勉強したい気持ちは強くなりました。 

 周りの環境にとらわれず、とにかく頑張りたいと思います。

 

ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)

ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)

 

 

 

 追記(2018/5/某日)

 

 

 ドラゴン桜を読むと、やる気が出てくるのは、学生あるあるでしょう。

 私は、この本を読んだとき、大学へ行き、そして、院へ行きそこで結果を残して、研究職で生きて行くんだ!って思ってました。

 

 現実は、院すら行かずに就職。

 まぁ、自分の選んだことだから後悔はありませんが、自分の大学からは有り得ないところから内定をいただき、そこで頑張ることを許可されたので、頑張らない理由がない。

 

 おそらく、その会社で私が一番低学歴です。

 そこで、ドラゴン桜を励みに頑張りたいと思います。