三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

当事者が出てこない~桐島、部活やめるってよ~

スポンサーリンク

 今回は、『桐島、部活やめるってよ』について、感想を綴ります。

 

当事者が出てこない

 何が良いかというと、やはり桐島が登場しないで物語が進行するところ。また、桐島が部活をやめることで、一見無関係なスクールカースト最下層の前田にも余波があるところだったり、これが『桐島、部活やめるってよ』が面白いところです。

 

カスミの立ち位置

 一番印象に残っているのは、橋本愛の可愛さ原作・映画でのカスミの立ち位置がはっきりとしないところです。

 

 最初、原作を読んだとき最後の章、カスミが14歳のときの話が面白かったり驚いたり、腑に落ちなかったりと思った。桐島とは関係のない物語だけれども、映画を見てからおもい返すとカスミの立ち位置がはっきりと理解できた気がする。最初、映画は映画、原作は原作として、物語を見るとカスミの言動がまったく理解できなかった。

 

 だけど、2、3回繰り返し読んで観て、原作と映画を繋ぎ合わせると、何となく理解できた。

 

 映画で弱肉強食、女子の世界でクッション役に徹しているカスミは、どこか気持ち悪かった。仲間からハブられないように立振る舞う神業を発揮し、場を壊さない言動、例えば、冒頭での部活に向かう4人でのシーンで梨紗の内申への全力でのフォロー、沙奈と実果の険悪になって実果と一緒に食堂に行くところ、「ほんと女子ってわけわかんない」に対して「本当に。私も女子だけど」と反応したところ。

 

 はたまた、映画部が体育館で表彰された時、ちゃんと拍手していたり、食堂で前田に対して映画できたら見に行くと言ったりと、映画だけ切り取ると単なる優柔不断ないい子ちゃんの印象。でも原作のカスミと合わせると中学のとき、他校の友人がいじめに合っていてそれを見た経緯を含めると映画のカスミの人物像が理解できる、いい子ではなく、風見鶏。これがカスミの印象だ。いい意味でも悪い意味でも周りの人に合わせることに慣れている。カスミは必ず1人はクラスにいる要領のよいタイプ。何事も俯瞰して物事を見て、本心での意思表示をするのではなく、その場の雰囲気を見てから意思表示をする。どこか嘘っぽい感じがたまらなく癖になる(笑)それぐらい、橋本愛の演技が過去の情景と重なった。こんな感じの子いたな~と。

 

宏樹は何者にもなれない

 原作・映画において、宏樹が部長に『何で、部活を引退しないのか?』と質問をしたシーン、部長は臆することなく、ドラフトが終わるまでは頑張るって答えた。それで、宏樹はハッとしたことだろう。映画では、次のシーンで前田との屋上のシーンになる。このシーンで宏樹は、感極まって言葉に詰まる。

 ここで感じたことは、宏樹は、弱い人だということだ。この作品で出てくる誰よりも弱い存在だと感じました。何でも人よりできてしまうイケメン、だけど『弱い』って感じです。

 

 最後、原作・映画で宏樹は、自分が本気でやりたいことをやって失敗したときの自分と折り合いをつけて、グラウンドに向かう。これは、前田や桐島の影響だと思います。特に個人的には、前田の影響なのかなと感じています。

 

 大抵のことは、難なくとこなしてしまう、宏樹は「何者」にもなれない印象を受けました。しかし、この最後のシーンで、宏樹はきっと大人になったとき、変に力を抜いたデキる奴にはならないと感じました。

 

映画における屋上のシーン

 映画における屋上のシーンは、前田の感情そのものなのかと感じた。具体的には、原作では描かれていない、カスミと竜汰の関係を前田が見た時の感情です。

 

 映画において、前田は屋上でカメラを回すことでカスミと竜汰の関係を見た時の感情を清算していると感じた。特に、カスミが最後、ゾンビに襲われるところは、その心理描写を表わしているようなに思えた。

 

 結局、桐島、部活やめるってよ』の中で一番いきいきとしていたのは、前田のように感じる。自分の好きなことに一生懸命になり、結果を意識するのは二の次で、とにかく自分の好きなことに打ち込み、その好きなことを通して、カスミと決別する。

 

 こんな高校生らしい高校生が前田だ。陰キャラなんだけど自分を持っている。ある意味カッコいいやつだと思う。ぶれない、最高にカッコいいと思う。

 

前田はカッコいい

 作中で、クラスにおいて前田は、陰キャラなのかもしれない。しかし、相手にされていないのではなく、相手にしていないのだ。生きている(目を向けている)世界が根本的に違うのだ。しっかりと、自分が向き合うべき事と向きあっているのが前田だ。その姿がカッコいい。

 

 それでも、年相応にダサいやキモイに敏感であり、なるべく意識しないように振る舞う。それが、前田の大人になり切れない部分なのかもしれない。

 

『桐島』の存在

 最後に、桐島という人物が色々なことから逃げて、その結果『部活を辞める』という行為が桐島の幼稚さというか、弱さを感じる。

 

 桐島はいつも学校で主人公のような華やかな輪の中にいた。でも、それを全て捨てた。その選択がやけに桐島の弱さを感じる。先生から映画を撮ること(ゾンビものは撮るな)を否定されても、自分の好きなことに打ち込む前田と正反対だ。

 

 結局、最後まで、自分の好きなことに一生懸命になれている人が大人なのかもしれない。カッコいいとか頭がいいとか可愛いとか、なんとなくで結果を出すやつとか、そんな人たちよりも断然大人だと思う。

 

 個人的には、『前田』の引き立て役に感じました。

 

最後に

 前田は教室とは違う表情で本気で映画に向き合う。実果は家族のことで気持ちを整理して、部活に打ち込むことにする。風助は桐島の代わりを担い、沢島は宏樹に対する思いに折り合いをつける。桐島が部活を辞めたことが多かれ少なかれ影響している。桐島の影響力、恐るべし。

 

 高校という決して広くない世界で、自分の立場をしっかりと理解して振る舞うことを学ぶ。そして、宏樹のいうところの自分の身の丈にあった進路(努力をしないで無難な)を選択していく。かつての自分がそうしたように、正解なんて分からない中で、知識や経験のない頭で答えを必死に絞り出して大人になっていくのだろう。と感じました。

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

 

 

こちらもおすすめ

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 
時をかけるゆとり (文春文庫)

時をかけるゆとり (文春文庫)

 
風と共にゆとりぬ

風と共にゆとりぬ