三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

キーワードは『yes』~イエスマン~

スポンサーリンク

今回は、映画『イエスマン』について、感想を綴ります。(注意:ネタバレあり)

 

はじめに

  『イエスマン “YES”は人生のパスワード』は、2008年にアメリカで製作されたコメディ映画です。

 

監督はペイトン・リード。主演はジム・キャリー。この映画は2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている。
出典:イエスマン “YES”は人生のパスワード - Wikipedia

 

あらすじ

 銀行員のカールは、離婚してから、「NO」ばかり口にしていた。そんな中、知人のニックからセミナーに誘われる。セミナーでどんなときも「YES」を言い続けるように脅される。セミナーが終わってから、嫌々ながら「YES」と言い始めると、カールの生活は少しずつ変わっていくのでした。

 

キーワードは『Yes』

 何事にも『yes』と答えて、少しずつ人生が明るくなっていく物語。離婚してから、何事にも消極的なカールが『イエスマン』のセミナーに参加する事で、人生の転機になり、ちょっとずつカールの人生が良い方向に進んでいくという話です。正に「イエス」がキーワードの物語です。

 

肯定する事の意味

 まずは『肯定する』って姿勢はなかなかできることではないです。特に意識して生活していたとしても、すぐ、自分の楽な方へと物事を帰結させてしまう。何でも肯定から入っても入らなくても、結局は自分の意思次第でどうにでもなるってことを教わった気がしました。

 

 全て否定する事ばかりだったカールが、物事を肯定することから始まる物語。最初は、義務的な肯定からの「yes」だが、次第に本心からの『yes』になっていく。どんなことにも「yes」しか言わないので面白いです。笑えるところが多いです。

 

 同時に、物事を否定から入ると人生がつまらなくなると感じさせられました。

 

 見ていると、ポジティブでいれば、きっと良い事あるって思えてきます。何かに悩んでいる時に見ると、自分の気持ち次第でどうにでもなると思えてきます。不思議と前向きになれる映画です。

 

ポジティブ心理学なるものが存在する

 『ポジティブ心理学』なるものがあること知ってますか?

 ちなみに私は、知らなかったです。(笑)

  

 ポジティブ心理学は、ペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・E・P・セリグマン博士によって発議、創設されたそうです。

 

 TEDより

www.ted.com

 

ポジティブ心理学とは、私たち一人ひとりの人生や、私たちの属する組織や社会のあり方が、本来あるべき正しい方向に向かう状態に注目し、そのような状態を構成する諸要素について科学的に検証・実証を試みる心理学の一領域である、と定義されます。       

          一般社団法人 日本ポジティブ心理学協会
          国際ポジティブ心理学会(IPPA)日本支部 より引用

 

 

 だそうです。(笑)

 とりあえず、全人類の幸福を追究する学問ってことですかね?

 

 ただ、気をつけなければならないのは、一般的な『ポジティブ』と『ポジティブ心理学』のポジティブを区別しないといけないみたいです。同じ『ポジティブ』でも意味は異なります。

 

 ややこしいですが、面白そうな学問ではありますね。『本来あるべき正しい方向』ってのが、気になるところです。『本来あるべき正しい方向』の定義とかどうしてるんだろうか?

 

蛇足的な感想

  面白い映画です。日常に疲れたとき、この「イエスマン」を見ると、笑えます。

 

 是非、皆さんも視聴してみて下さい。

こちらもおすすめ