感想を綴るだけのブログ

MENU

電車の中にペンギン!?~ペンギン鉄道なくしもの係~

スポンサーリンク

 今回は、『ペンギン鉄道なくしもの係』について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は、名取佐和子さんです。

 

名取 佐和子は日本のゲームシナリオライター、小説家。兵庫県神戸市生まれ、神奈川県藤沢市辻堂育ち。明治大学文学部卒業後、ゲーム会社のナムコに就職し、『テイルズシリーズ』などのシナリオを担当する。2001年に退社し以後フリーとして活動。名取 なずな名義でも活動している。
出典:名取佐和子 - Wikipedia

 

電車の中にペンギン

 電車は、多種多様な人、動物が利用するもの。電車の中では、携帯に集中している人や同僚や友人と会話する者たちがいる。もちろん、私のように読書に勤しむ人もいれば、真面目な学生は教科書、参考書を開いていたりします。

 

 電車の中を見てみると、意外と思いも寄らない広告に胸を打たれたり、見知った人物が同じ車両にいたりした何て経験は誰しもあると思います。

 

 そんな各々の中に一際目立った存在がいる。ふと車両を見渡すと『ペンギンがいた!!』なんてことは一度たりとも経験がないはず。しかし、この大和北旅客鉄道には、一羽のペンギンがいます。

 

 そんなペンギンを中心とした物語です。

 

お気に入りの場面

ペンギンはオレンジ色のくちばしをドアに向けて、ポール状の手すりにはつかまらず―――そもそも『つかむ』ことはできそうにないのだが――仁王立ちしていた。

 普通の電車では、こんな場面に出くわすことはないです。しかし、想像したらちょっとほっこりしますよね。『思いもよらず』何かに出くわすのが電車なのかもしれないと思います。(笑)

 

 電車に乗ってペンギンに出くわしたら、きっと、驚きよりも好奇心を刺激されてペンギンを凝視することだろう。くまなく隅々までジッと見て、何を考えているのだろうかとその目の先が気になることだろうと思います。

 

蛇足的な感想

 愛ネコの死を受け入れられない人や引きこもりの高校生、夫と上手くいっていない専業主婦や息子の死を受け入れられない社長たちの物語がペンギンを通して語られています。

 

 どの登場人物たちもペンギンを電車で見たことによって、それぞれの現状と向き合います。ペンギンって神聖な動物のイメージがないので、著者が何故きっかけとしてペンギンにしたのだろうかと疑問に思います。

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

こちらもおすすめ