三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

一体、自分って?~何者~

スポンサーリンク

 朝井リョウ先生の『何者』について、感想を綴ります。

 

 

 

 映画版

 

 映画の「何者」を観て、SNSって本当怖いって思いました。今自分がこうしてココに綴っていることも含めて。(笑)

 何かを感じ、思い、意見する。それもSNS上で行うことについて再確認させられました。

 

 しかし、何はともあれ二宮たくとの観察力には脱藩しました。あそこまで、人を分析できるのはある意味凄いですよ。

 自分の場合、そこまで他人に興味がわかないのでじっくりと観察する事がないなぁと思いました。人のことを観察をして批判することに少し憧れたりもするのです。でも、やっぱり、呟くぐらいなら直接本人に言った方がいいと思いますけど。その辺の気持ちはたくとに同意しかねます。

 

 原作を読んでいないが(後日読みました)、有村架純山田孝之が役にはまっているように思いました。二人のセリフが妙に心地よかったです。スッカとするようなセリフの数々が響きました。

 

 

 同時に、人を批評する前に自分をしっかりと分析することを心がけたいと思いました。

 まぁ、当たり前のことですけどね(笑)

 

 

 

 

何者

何者

 

 

 

 書籍

 

 書籍と映画、さほど内容に違いはないです。

 こっちでは、書籍を読んでの感想を綴ります。

 

 

 瑞月が言った

 十点でも二十点でもいいから、自分の中から出しなよ。自分の中から出さないと、点数さえつかないんだから。 

 

 

 これは、一番響きました。

 実際に就活をして、この『何でもいいから、自分をアピールするモノ』を出さないと、大手企業は通らないことを身をもって知りましたから。

 

 

 この『何者』の登場人物の中で、一番大人に近い存在の瑞月が発した言葉。

 ほんとに、重く感じました。

 これは、就職活動を行った人にしか伝わらないのかもしれないですが…

 

 

 ひねくれものの拓人は、読んでいていたたまれないです。

 一番冷静で観察力があるのに、自己分析は全く出来ていない。

 誰か教えてあげなよって言いたくなります。(苦笑)

 

 

 友達の光太郎と一緒にWEB試験受けたり、愉快な仲間たちと就活会議したり、一見どこにでもいる学生ですが、拓人が深い闇を抱えていて、人は見かけによらないなぁと思います。

 

 

 人それぞれ、躓くところは違い、そんなところで躓く?って他人から思われたり、逆に、自分が思ったりするもの。

 ただ、そこで人柄が出る、ネチネチ影口を言う人や非難する人、相談に乗ってくれる人や自分から相談に乗って出る人、結局、『自分から』誰かのために行動する人が大企業に内定を貰っていたりすることを身をもって学びました。

 

 

 就活を通して学ぶことは多くありました。

 拓人もきっと就活を通して成長したことだろう(苦笑)

 

 

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)