三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

MENU

えっ、枕って生き物なの?~生物学者山田博士の聖域~

スポンサーリンク

 今回は、松尾佑一先生の『生物学者山田博士の聖域』について、感想を綴ります。

 

『枕』と変わり者のお話

 例えば、知人の結婚式で隣席の人が、枕に向かって「どうだい、楽しんでいるかい」なんて言っていたら何を感じるだろうか?

 

 つい先ほどまでは、お互いの名前について軽く花を咲かせていた相手が、バックから枕を取り出してだ。

 もちろん、アブナイ人のレッテル貼り、関わらないようにするだろう。そして、綺麗さっぱりと記憶から消去する。

 

 最初の出会い方は、一つでも間違ったら、初対面で終わり、次に会う機会は一生来ない。

 

 しかし、奇跡的にも鈴木沙夜梨と山田博士は、再び会う約束をして、順調に距離を縮めていきます。山田博士は、生物学者であり、童〇である。いつもツルム同僚の仲間たちも同じような連中ばかり。そこで、鈴木氏と山田氏の仲を良く思わない、悪友たち。

 

 初デートにて、悪友たちに邪魔される。しかし、ふたりは無事に恋人同士になる。そんな、ふたり+枕の物語です。

 

お気に入りの場面

 この本を電車で読んでいたが、思わず吹き出してしまった場面があります。

 披露宴を終えて、山田氏が連絡先を交換したことがあやふやなまま別れてしまい、酒に酔っていた、その時メールの着信を確認した場面、

FROM:北条君 

TO:山田博士

 前略。大変エロティックなDVDを入手しました。こいつはモノホンです。真田宅にて本日上映会を行います。午後十時に万難を排して集合されたし。かしこ。

 

「いらねぇよ!」

僕は携帯に向かって怒鳴った。直後に別のメールが届いた。

 

FROM:Sayori.suzuki@xxx 

TO:山田博士

  鈴木です。今日は有難うございました。楽しかったです。

 

 僕はガッツポーズをして、その場でピョンと飛び跳ねた。 

 

 不意打ち過ぎて、笑ってしまった。悪友たちが個性豊か過ぎ。おまけに、出会い系で待ち合わせ場所に柴犬を連れていき、待っていると北条君がコンビニから裾の短いスーツで現れて、同じ『詩織』を待つ場面も笑ってしまいました。

 

癖のある物語

 読んでいて、SFちっくなところもあったりと、森見登美彦先生に作風が似ていると思いました。現役の研究者が書いた小説ということもあって、生物に関するネタが散りばめられていて、それも楽しさを際立たせています。続編も出ています。

  

 一番楽しめるのは、癖のある人が次から次へと出てくるところです。ほんとにいそうな人物ばかりです。バカなことやってるなと思いますが、面白いです。ブラックユーモアのような下品さを感じない所も楽しめる要素なのかと思います。

 

 森見登美彦先生が好きな人はきっと、好きになると思います。この『生物学者山田博士シリーズ』、もっと続くことを願っています。

 

 是非、皆さんも読んでみてください。

生物学者山田博士の聖域<生物学者山田博士> (角川文庫)
 
生物学者山田博士の奇跡 (角川文庫)

生物学者山田博士の奇跡 (角川文庫)

 

 

 

こちらもおすすめ

彼女を愛した遺伝子

彼女を愛した遺伝子

 
昼寝の神様

昼寝の神様

 
恋のエニグマ3号

恋のエニグマ3号