読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社とは何ぞや~ちょっと今から仕事やめてくる~

 この本を読み、ブラック企業をザックリと理解した。

 兎に角、会社の上司と先輩のクズっぷりがすごい。いつも怒鳴る勢いでしか会話出来ない上司、後輩の営業に横槍を入れる先輩、こんな人たちと同じ空間にいたら、誰だって精神がおかしくなると思った(笑)

 

 どうしたら、このような性格に難がある人たちが生産されてしまうのか、と思う。何と、悍ましいことか……。

 

 

 主人公がきっぱりと会社を辞める宣言をするところは読んでいて、自分のフラストレーションが清算されるようで、すがすがしい気分になった。勇気ある撤退は決してカッコ悪くはない。自分を守るための、一つの手段だと改めて実感した。

 

 中学・高校の友人たちは、就活が終わり、無事に内定を貰ったと言っていたが、自分は一体何をしているのだろうか、自分だけ取り残されたように感じることが最近ある。

 今の状況や環境は自己責任なのに…

 自分にもこの主人公のように、環境・状況を変える時が来たのかなと、沸々と感じる、今日この頃。

 

 

 久しぶりの読書に刺激を受けた休日。残りの休日、人生の意義とは何かと考えてみるのも良いかも…