三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

美しい言葉っていいものだ~大和言葉つかいかた図鑑~

スポンサーリンク

 現代日本では、日本語に英語に中国語……、他にも多くの言語が飛び交っています。時間が経てば、言葉はその時代に適した形に変化していく。そして、時代を振り返って見るときに、その時代における文化を象徴する要素の一つとなっている。言語の大切さは言うまでもないですね。

 

 

 普段、我々が何気なく使っている言葉は何千年と日々の進化してきた上にあります。だから、ひょっとすると今何気なく使っている言葉は数年後には使われていないことだって考えられる、「その言い回しは古い」と揶揄されることもあるかもしれないです。

 

 

 でも、全てが古いと言われ、使われなくなることはないと思います。何年、何十年、何百年、何千年と使われている言葉は現代にあります。その言葉が「大和言葉」です。因みに、大抵漢字にしたときに訓読できるものが大和言葉と解釈して良いようです。

  

 

 この本の目的は、「美しい日本語を後世に残すこと」にあります。

 

 

 本書に目を通してみると普段使っている言葉の中に大和言葉がすこぶる多いことに驚きます。

 イラストが多く、一時間ぐらいでざっと読めました。読み終えて最初に思った、「大和言葉はなんと雅なものか」と……。大和言葉にはどこか不思議な上品さがあるように思います。日本語ほど、微妙な違いを多くの言葉にしている言語はないと言われていますが、この根幹には大和言葉が存在しているのだろうと思いました。同時に、日本語の偉大さも感じました。少しずつだが、日常生活で大和言葉を意識して使っていきたいと思います。

 

 

 最近は、授業に追いつくのがやっとで読書ができていなかったが、良い気分転換になりました……

 

 

 

 

 

 追記(2018/5/某日)

 

 最近、読み返して思った事があります。

 今、私たちが日常で使用している言葉があまりにも『品』がないということです。

 

 

 流行りの言葉が大体、省略して短く言うことに対して、大和言葉は、省略しようのない、ある意味では完成された言葉と感じました。この完成されたというのは、私の感覚でしかないですが……

 

 

 難しいことは言うつもりはないですが、流行りの言葉は情報量がいい加減な気がします。

 発信者と受信者で受け取る情報量に差異が生じる言葉が多い気がします。

 だから、同じテリトリーでは通じるが、歳が離れた大人には通じなくなるのかなと感じました。

 

 

 私自身、言葉遣いを改めて、品のある言葉を使用したいと思います。そんなことを思わせてくれる本になりました。