三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

MENU

新書

過酷だな~アニメを仕事に!~

今回は、『アニメを仕事に!トリガー流アニメ制作進行読本』について、感想を綴ります。 アニメ業界…。 最初に言いたいのは、「SHIROBAKO」と似ているなってことです。てかそのものです(笑) それはそうと、驚いたのは、アニメーションの1話あたりが大体、12…

これは、実践するしかない!~「考える力」の鍛え方~

今回は、『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』について、感想を綴ります。 『考える力』=『実践』 すごく前に、『最近読んだ本』ってエントリで紹介しただけになっていたので、最近また読んだ事もあり、感想を綴ろうと思いました。著者は、東大教…

改めて勉強になった~冗長性から見た情報技術~

今回は、ブルーバックスの『冗長性から見た情報技術』について、感想を綴ります。 冗長性を持たせる意味 広義で『通信』において、冗長性を持たせて情報を送受信します。誤り訂正などの時に、冗長ビットを含めて送受信しています。これは途中で誤ったときに…

書く練習をする~理系のための論理が伝わる文章術~

今回は、ブルーバックスの『理系のための論理が伝わる文章術』について、感想を綴ります。 論理的な文章 最近、卒業研究で結果を文章にまとめる作業をしていました。論理的な文章が求められる機会が増えて、『論理的な文章ってなに?』ってなり、本屋で色々…

分かりやすいです~人工知能はいかにして強くなるのか?~

今回は、ブルーバックスの『人工知能はいかにして強くなるのか?』について、感想を綴ります。 流行りのAIを分かりやすく解説 書店で、流行りの『人工知能』の棚にあったので、手に取りました。プログラムやらがばんばん出てくるかと思いきや、そんなことは…

『嗜む』楽しみが増えた~ウイスキーの科学~

今回は、『ウイスキーの科学』について、感想を綴ります。 ウイスキーって奥深い 最近、お酒を飲む機会が増えました。大体、週末は有意義な時間を過ごしています。そういう事から、最近の読書傾向が完全に『お酒』に関するものっていう(笑) この間、読んだ本…

ためになった~酒好き医師が教える 最高の飲み方~

今回は、『酒好き医師が教える 最高の飲み方』を読んだ感想を綴ります。 お酒好きには必需品 この本を買った経緯として、最近の生活が大いに影響しています。 遡ること就活中のことです。この時、結構な頻度で飲んでいました。就活を終えた現在、就活前に比…

システム思考は大事だね~世界を動かす技術思考~

今回は、ブルーバックスの『世界を動かす技術思考』について、感想を綴ります。 『システム思考』が世界を変える システム思考で、問題を解決していく事を説いている本書は、とても読み応えがありました。特に冒頭だけでも、読んで良かったと感じました。 そ…

知的好奇心がわく~理系の大疑問100~

今回は、『理系の大疑問100』について、感想を綴ります。 意外と、すぐに答えられない 就活で飛行機を利用する時、羽田で購入しました。日本人の9割が答えられないとうたってたので、就活中も相まって即購入しました。この本で読んだことが就活に直接使えた…

アルゴリズムを理解しよう~離散数学「ものを分ける理論」~

今回は、ブルーバックスの『離散数学「ものを分ける理論」』について、感想を綴ります。 離散数学とアルゴリズム 離散数学とは 原則として離散的な(言い換えると連続でない、とびとびの)対象をあつかう数学のことである。 有限数学あるいは離散数理と呼ば…

やるっきゃない~20代でやっておきたいこと~

今回は、川北義則の『20代でやっておきたいこと』について、感想を綴ります。 著者が言っている事を理解する 著者川北義則先生は、大手出版社に勤められていた方で、現在は出版全般をお仕事にされているようです。書店で目に留まり買ったのですが、就活時に…

わかりやすい~統計思考入門―プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ~

今回は、『統計思考入門―プロの分析スキルで「ひらめき」をつかむ』について、感想を綴ります。 データについて知る 最近、データサイエンティストや統計にまつわる話が世を席巻していますね。統計学は大学1年生のとき以来で、ちょくちょくしかやっていない…

ほんと、これ大事!!~東大教授が教える独学勉強法~

今回は、柳川範之先生の『東大教授が教える独学勉強法』について、感想を綴ります。 読まなきゃ損する 著者は、終始、独学の楽しさと大事さを説いています。私もこの意見に同意します。 私の場合は、お金がなくて予備校にも行けなく仕方なく大学入試に向けて…

これが一流の思考か~捨てる力~

今回は、天才棋士、羽生善治の著書「捨てる力」について、感想を綴ります。 思考が面白い ひと握りの人しかプロに成ることができない将棋の世界で20代で七冠を達成する人の思考ってどんなんだろう?と思いながら書店で手にしました。所謂、天才の考え方が気…

悲しいなぁ、TRONは無名~情報文明の日本モデル TRONが拓く次世代IT戦略~

今回は、最近読んだ新書『情報文明の日本モデル TRONが拓く次世代IT戦略』の感想です。これは少し古い本ですが、教授に勧められたので読んでみました。 日本発のOS 著者は東大教授であられる坂村先生です。ご自身が携わるTRON計画に着手するまでの経緯・計画…