感想を綴るだけのブログ

MENU

文学

【感想】面白かった~また君と出会う未来のために~

今回は、『また君と出会う未来のために』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、阿部暁子さんです。「ストロボ・エッジ」、「アオハライド」の原作者で有名な方です。 阿部 暁子は、日本の小説家。岩手県出身、花巻市在住。岩手県立花巻北高等学校卒…

どれも最高の物語~短編 少年~

今回は、集英社文庫の短編集『少年』について、感想を綴ります。 はじめに 「少年」は、伊坂幸太郎、朝井リョウなどの豪華な面々による短編集です。主人公は小学生から大学生までの「少年」です。思春期の想いがリアルに描かれている小説です。 印象深い物語…

独断と偏見~森見登美彦のおすすめ小説5冊~

森見登美彦のおすすめ小説を5冊紹介します。独断と偏見に満ちたおすすめなので、ご了承下さい。 1.夜は短し歩けよ乙女 2.有頂天家族 3.ペンギン・ハイウェイ 4.四畳半王国見聞録 5.恋文の技術 1.夜は短し歩けよ乙女 何と言っても、森見作品の代表的な作品で…

秀逸な冒頭~四畳半王国見聞録~

今回は、森見登美彦の『四畳半王国見聞録』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、森見登美彦さんです。「有頂天家族」「太陽の塔」などで有名な方です。 森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。 出典:森見登美彦 - Wik…

独断と偏見~中・高校生におすすめの小説5冊~

学生の内にぜひ、読んでおきたいおすすめの小説、5冊を紹介します。 1.秘密の花園 2.桐島、部活やめるってよ 3.パレード 4.砂漠 5.神田川デイズ 1.秘密の花園 言わずと知れた名作、バーネットの『秘密の花園』です。インドで両親を亡くしたメアリがイギリス…

大学生の理想的な生活~砂漠~

今回は、『砂漠』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、伊坂幸太郎さんです。「アヒルと鴨のコインロッカー」「重力ピエロ」などで有名な方です。 千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科…

【感想】そして僕等の初恋に会いに行く

今回は、『そして僕等の初恋に会いに行く』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、西田俊也さんです。「恋はセサミ」「世界でいちばん淋しい遊園地」などで有名な方です。 西田 俊也は、小説家。奈良県奈良市生まれ。出典:西田俊也 - Wikipedia あら…

この支配からの~少女は卒業しない~

今回は、『少女は卒業しない』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、朝井リョウさんです。「桐島、部活やめるってよ」「何者」などで有名な方です。 朝井 リョウは、日本の小説家。岐阜県垂井町出身。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学…

【感想】十年後の僕らはまだ物語の終わりを知らない

今回は、『十年後の僕らはまだ物語の終わりを知らない』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、尼野ゆたかさんです。第16回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞作「ムーンスペル!!」でデビューされた方です。 あらすじ 母校で司書を務める孝平は追い…

こんな小学生がいたらすごい~ペンギン・ハイウェイ~

今回は、『ペンギン・ハイウェイ』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、森見登美彦さんです。「有頂天家族」「夜は短し歩けよ乙女」などで有名な方です。 奈良県生駒市出身。奈良市在住。ペンネームは本名の姓「森見」に、この地にゆかりの深い登美…

【感想】銀河不動産の超越

今回は、『銀河不動産の超越』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、森博嗣さんです。「すべてがFになる」、「スカイ・クロラ」などで有名な方です。また、元工学研究者です。 森 博嗣は、日本の小説家、同人作家、工学博士。元名古屋大学助教授。ロ…

突然の目覚め~美しい星~

今回は、『美しい星』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、三島由紀夫です。「仮面の告白」「金閣寺」で有名な方です。 三島 由紀夫は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型。戦後の日本文学界を代表する作…

これぞSFラブコメ~世界、それはすべて君のせい~

今回は、『世界、それはすべて君のせい』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、くらゆいあゆさんです。「駅彼―それでも、好き―」などで有名な方です。 東京都出身。12月3日生まれ。B型。『駅彼―それでも、好き―』で小説家デビュー。『駅恋 Sweet bl…

【感想】古都

今回は、『古都』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、川端康成です。「伊豆の踊子」「雪国」で有名な方です。 川端 康成は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大…

当事者が出てこない~桐島、部活やめるってよ~

今回は、『桐島、部活やめるってよ』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、朝井リョウさんです。「チア男子!!」「何者」などで有名な方です。 朝井 リョウは、日本の小説家。岐阜県垂井町出身。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部卒…

電車の中にペンギン!?~ペンギン鉄道なくしもの係~

今回は、『ペンギン鉄道なくしもの係』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、名取佐和子さんです。 名取 佐和子は日本のゲームシナリオライター、小説家。兵庫県神戸市生まれ、神奈川県藤沢市辻堂育ち。明治大学文学部卒業後、ゲーム会社のナムコに…

【感想】白夜行

今回は、『白夜行』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、東野圭吾です。『白夜行』は、ミステリ長編です。ドラマにもなった作品です。 東野 圭吾は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ。本名同じ。出典:東野圭吾 - Wikipedia あらすじ 幼少…

【感想】小説「何者」

今回は、小説『何者』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、朝井リョウさんです。「チア男子!!」「桐島、部活やめるってよ」などで有名な方です。 朝井 リョウは、日本の小説家。岐阜県垂井町出身。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学…

えっ、枕って生き物なの?~生物学者山田博士の聖域~

今回は、『生物学者山田博士の聖域』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、松尾佑一さんです。「鳩とクラウジウスの原理」などで有名な方です。 松尾 佑一は、日本の小説家。出典:松尾佑一 - Wikipedia あらすじ 研究者の山田博士は、枕と一緒に友…

青春を謳歌するものたちはまぶしい~小説の神様~

今回は、『小説の神様』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、相沢沙呼さんです。「酉乃初の事件簿シリーズ」などで有名な方です。 相沢 沙呼は、日本の小説家・推理作家・ライトノベル作家・漫画原作者。男性。埼玉県生まれ。聖学院大学人文学部日…

蹴られたい背中~蹴りたい背中~

今回は、『蹴りたい背中』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、綿矢りささんです。「インストール」「勝手にふるえてろ」などで有名な方です。 綿矢 りさ(わたや りさ、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。京都府京都市生まれ。京都市立紫野高等…

古都に闊歩する獣たち~有頂天家族~

今回は、『有頂天家族』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、森見登美彦さんです。「夜は短し歩けよ乙女」「太陽の塔」などで有名な方です。独特な文体が特徴的な作家です。 森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。 出…

気分は「心」の読後感と同じ~ノルウェイの森~

今回は、『ノルウェイの森』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、村上春樹さんです。「風の歌を聴け」「海辺のカフカ」などで有名な方です。 村上 春樹は、日本の小説家、文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。 早…

優しい物語~レインツリーの国~

今回は、『レインツリーの国』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、有川浩さんです。「図書館戦争」「植物図鑑」などで有名な方です。 有川 浩は、日本の女性小説家、ライトノベル作家。高知県出身、関西在住。園田学園女子大学卒。出典:有川浩 - …

【感想】中原中也詩集(新潮文庫)

今回は、『中原中也詩集』について、感想を綴ります。 はじめに 中原中也詩集(新潮文庫)は、吉田煕生編です。 中原 中也は、日本の詩人、歌人、翻訳家。旧姓は柏村。 代々開業医である名家の長男として生まれ、跡取りとして医者になることを期待され、小学校…

部屋に住み着いた何か~パレード~

今回は、「パレード」について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、吉田修一さんです。「パーク・ライフ」「悪人」「怒り」などで有名な方です。 吉田 修一は、日本の小説家。長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイ…

何でもアリ~すばらしい新世界~

今回は、「すばらしい新世界」について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、オルダス・ハクスリーです。 オルダス・レナード・ハクスリーは、イギリスの著作家。後にアメリカ合衆国に移住した。ヨーロッパにおいて著名な科学者を多数輩出したハクスリー家の…

青春を楽しめますように~神田川デイズ~

今回は、『神田川デイズ』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、豊島ミホさんです。「檸檬のころ」などで有名な方です。 豊島 ミホは、日本の小説家、ライター。秋田県湯沢市出身。秋田県立横手高等学校・早稲田大学第二文学部卒。出典:豊島ミホ - …

【感想】伊豆の踊子

今回は、『伊豆の踊子』について、感想を綴ります。 はじめに 著者は、川端康成です。「古都」「雪国」で有名な方です。 川端 康成は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大…