三流大学、理系学生が読んだ書物を語る

小説、映画、マンガ…etcについて徒然なるままに感想を書いてます。

こんな時代が近いのかもしれない~イヴの時間~

あ 人間とロボットが密接な関係になりつつある時代、人間はロボットに対して不信感を募らせて、ロボットは主人の気持ち(本心)が分からないでいる。

 

 

 そのうちの向坂リクオとサミィに焦点を当てた物語。

 

 

 時代設定がアンドロイドが普及してすぐになっていることもあって、たぶんこうなるだろうなっていう世間の動きが面白い。

 

 アンドロイド規制派がロボットは命令だけ聞いているだけでよいといった主張が読み取れる。

 ロボットは感情を持って行動をするなって感じの主張。

 まぁ、当然、こういう意見は出るよなって思います。

 

 

 アンドロイドにも『感情』はあって、主人や人間の感情を読み取ろうと必死。ただ与えられた命令をこなすだけではない。生きたモノなんだというメッセージがすごく伝わってきました。

 

 

 ロボット三原則もどこかで聞いた事あるな~と思ったら

 

 アイザック・アシモフ著の「I,ROBOT」に出てくる三原則そのものだったことに後から気づきました(笑)

 

 

 

 一応こんな感じです。

第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害が加わるのを見逃してはならない。

第二条 ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が第一条に反する場合は、この限りでない。

第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らなければいけない。

 

 出典 アイザック・アシモフ著 「I,ROBOT

 

 

 よく作られた物語です。

 

 ロボットは人間に~

 から

 人間はロボットに~

 

 という原則(法律)が今後できることだろう。

 少なからず、そんな時代が生きているうちには来るだろうな~

 てか来てください。

 

 ロボットは専門外でかじってもいないので、ちょっと勉強しようかなと思う。

 

 p.s.

 最近、「CBS NEWS」にて日本の人工とロボットの役割について面白いものを見つけました。

 

www.cbsnews.com

 動画があるので内容が理解できると思います。

 

 アドロイドと人の時代が到来するのだろうと感じますね。

 

イヴの時間 劇場版

イヴの時間 劇場版