感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

ベーシックスキルを学ぶ~コンサル一年目が学ぶこと~

 今回は、「コンサル一年目が学ぶこと」について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は大石哲之さんです。「ノマド化する時代」「3分でわかるロジカルシンキングの基本」などで有名な方です。

 

1975年東京生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社後、戦略グループのコンサルタントとして、全社戦略の立案、マーケティング、営業革新などのプロジェクトに携わる。その後、株式会社ジョブウェブを起業し、取締役副社長。同社退社後は、個人コンサルタントとして独立、本の執筆も開始。株式会社ティンバーラインパートナーズを設立し、現職。
出典:https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E7%9F%B3-%E5%93%B2%E4%B9%8B/e/B0041O9SNQより

 

こんな本です~「コンサル一年目が学ぶこと」~

 社会人1年目が学ぶことは「話す」「思考」「デスクワーク」「ビジネスマインド」という。新入社員が受ける研修は、どの会社でも通用するノウハウだろうか?「コンサル一年目が学ぶこと」ではどのような業界でも通用するスキルを紹介しています。

 

コンサル流話す技術

  「結論から話す」ことがビジネスでは端的で好まれます。また、数字に基づいた情報とロジックで話すこと。この2つのことは他のビジネス書でも最初に挙げられます。加えて、相手のフォーマットに合わせることが重要だと言います。
 ここで言うフォーマットとは「相手の言葉遣い」「相手の考え方」「相手の仕草」などの「話し方」のことです。
 要するに

徹底的に、相手の土俵に合わせるというもの

 以上のことを意識して行うことで劇的に印象が変わるそうです。最終的には、相手の期待値を越えることがゴールになります。期待値以上の結果を出すには「質問」をすることによって、推し量る必要があります。
 「質問力」が伴うことで、ビジネスでの話すことが武器になるのです。

 

コンサル流の思考

 「思考」というとロジックが最初に挙げられます。これは論点(本質)を抽出して理解した上で問題解決を行うまでの一連の過程を指しています。
 この思考術を身につけるには「考え方を考える」「ロジックツリーの活用」「仮説思考」などが挙げられています。
 「考え方を考える」とは、物事を進める前にどのようなプロセスで作業を行うか、考え抜くことを指しています。
 次に「ロジックツリーの活用」は本質を抽出するとき、漏れなくダブりなく分解して本質に近づくことを指しています。
 「仮説思考」は自分なりのストーリーを描いて検証を行うことで、何らかの結果が出ます。結果に基づいてフィードバックを行う。この流れを高速で回すことで本質を追求していきます。
 これらを行うことがコンサル流の思考術だそうです。

 

デスクワークの効率化

 「パワポ作成」「エクセル作成」時で、効率化が求められます。作業時間を短縮して考える時間をより多く作ろうということです。余計なことを省き「重要なこと」とそれ以外を区別します。
 言い換えると、自分なりの判断をもつことで捨てる(切る)べきことを判断しなければなりません。これはショートカットを用いるなどの工夫で乗り越えていくしかありません。
 デスクワークを効率化して「考える時間」を確保して結果に繋げていきます。これが重要と言います。

 

最後に

 結果を出すために必要な身につけるべき癖が紹介されています。「話す」「考える」「デスクワーク」「マインド」を中心に説明されています。新入社員や社会人1、2年目の方々におすすめの一冊です。

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

 

こちらもおすすめ