感想を綴るだけのブログ

書籍からアニメまで

MENU

何者に潜む謎~何様~

 今回は、「何様」について、感想を綴ります。

 

はじめに

 著者は、朝井リョウさんです。「チア男子!!」「桐島、部活やめるってよ」などで有名な方です。

 

朝井 リョウは、日本の小説家。岐阜県垂井町出身。岐阜県立大垣北高等学校、早稲田大学文化構想学部卒業。2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビューし、2012年には同作が映画化。
出典:朝井リョウ - Wikipedia

 

あらすじ

 「何者」に潜む謎が明かされているスピンオフ作品です。光太郎が出版業界を目指してまでも会いたかった女性、理香と隆良が同棲するまでの経緯、サワ先輩の社会人生活、ギンジの活躍、瑞月の父親の話などの読み切り短編集。

 

光太郎と就活

 「何者」で光太郎は出版業界に絞って就活を行っていました。どうしても会いたい人がいるからという理由だけで、人生を左右する「就活」の軸を出版業界にしていました。
 光太郎の忘れられない人はクラスでも地味で目立たないタイプ。でも、自分の中でこれだけは譲れない軸・芯がある女の子。

 

いつもおとなしそうな女子ふたりと一緒にいる夕子さんは、そんな景色の中にきれいに馴染んでいた。

 

 光太郎が夕子さんを気になったきっかけは、放課後決まった曜日の決まった時間に掃除をしている理由が気になったから。

 

 結論は、光太郎の声を聞きたくて掃除を行っていた。卒業式が終って、文集を交換するはずだった場所に手紙がある、そこで夕子の思いを知り、光太郎の中で忘れられない人になった。

 

 この話で分かったのは、光太郎が就活の軸に出版業界とした理由だけです。肝心なことは、結局分からない。

 

 両想いだと分かったからこそ、なぜ入学前の春休み、入学後のGWやらでさっさと会いに行かなかったのか、なぜ、「就活の頃」になって人生を左右する就活の軸を出版業界にしたのか…などの夕子に会うための行動が一切触れられていない点。

 

 光太郎は入学から就活までどんな思いで学生時代を過ごしたのだろうか?謎が深まるばかりである。

 

ギンジという男

 烏丸ギンジとは一体どんな人なのだろうか、と「何者」を読み終えたら思った。拓人とは正反対の真っ直ぐな男なのだろうか、と思っていた。「何様」を読むと答えのような場面がありました。

 

「そうですね。改めてこんなこと言うのも恥ずかしいんですけど、どこかで、自分はひとりじゃないんだって思えるような、というか」

 

 めちゃくちゃ真っ直ぐな人ですね。就活などの現実的な問題を考える時期、拓人にとってギンジが真っ直ぐ過ぎたから仲が悪くなっていったことが容易に創造できます。

 

 ギンジは自分が行いたいことを忠実に実行する。逆に拓人は行いたいことがあったら周りを見る、その上で行動に移すべきか判断する。

 

 「きみだけの絶対」はギンジという男が周囲の人からどのように見られているのか分かる、スピンオフの醍醐味的要素が大きい章になっています。個人的に一番おすすめです。

 

「何様」

 表題の「何様」は拓人が面接で一緒になった学生の話。

 

 就活の面接官を行ったとき「一体自分は何様なのか」と思う。相談した先輩社員は「本気の一秒」があったらそれでいいと答える。

 

 「一体自分は何様なのか」と思うことは誰しも一度はあるはずです。自分の身にそぐわない事象に対して、自分に決定権が与えられて、しかも結論を出さなければならない。そんなとき、誰しも抱く気持ちが「何様」。

 

 正解のない事象に対して、どのような気持ちで向き合えば良いのか、答えのようなものが書かれているのが「何様」です。

 

蛇足的な感想

 私のような「何者」でもないものが「何様」のつもりで、本の感想を綴っているのか。それは内側に「本気の一秒」がどこか存在するからだと思います。
 誰かに「何者」かと聞かれたとき、何かしら答えられるように「何様」のつもりでこれからも本の感想を綴っていこうと思います笑

 

 是非、皆さんも手にお取り下さい。

 

こちらもおすすめ

こちらも読みました

 

mottobungaku.hatenadiary.jp

 

mottobungaku.hatenadiary.jp

 

mottobungaku.hatenadiary.jp